神武東征御進発の地で、人生の船出について考える

日本海軍発祥の地

名高い神武東征は、いまの宮崎県美々津を船出して始まったと伝えられている。初代天皇神武(イワレヒコ)は途中、宇佐などに立ち寄りながら瀬戸内海を東進、生駒山を越えて大和入りを目指すもナガスネヒコと衝突して敗走。再び海路、紀伊半島をまわり熊野に再上陸すると、幾多の苦難をはねのけ、霊剣・布都御魂(ふつのみたま)を授かり、ヤタガラスに導かれるなどしてついに大和入りをはたし、畝傍山(うねびやま)の麓、橿原宮で初代天皇として即位する。  

この東征神話には、どのような史実が反映されているのだろう。史実などなにひとつない。天皇家の権威づけのための壮大な創作だ、と言うひとがいる。饒速日(ニギハヤヒ)の九州からの東進譚をなぞったものだと言うひとがいる。銀を求めて移動したという説もあれば、いや、すべてが史実だ。神武こそは神の御子なのだと、声高に叫ぶひともいる。

神武天皇が御船出に先立ち、住𠮷三神、すなわち底筒男命(そこつつおのみこと)、中筒男命(なかつつおのみこと)、表筒男命(うわつつのおのみこと)を奉斎し、航海の無事を祈念したとして、第十二代景行の御代、この地に立磐神社が創祀された。境内には「神武天皇御腰掛之磐」があり、注連縄をかけ、玉垣を巡らせて御神体としている。そしてすこし離れたところに、東征神話に因んで「日本海軍発祥之地」という石碑が誇らしげに、高々と建っている。こちらは米内光政、元内閣総理大臣・海軍大将の揮毫(きごう)による。

しかし実際の美々津は「東征」「日本海軍」といった勇ましいいずれの言葉とも、いっけんかけ離れた穏やかなところだ。

耳川が波おだやかな日向灘にそそぐ河口付近には、かつて「美々津千軒」とも称された京風、上方風の白壁に出格子をそなえた多くの町屋が、江戸時代から明治、大正と海運で栄えた当時のおもかげをいまに伝えている…。

f:id:ma2no_z32:20211125233634j:plain

船出せよ

その古い町並みを、わたしはゆっくりと歩いた。何軒かの建物はカフェに改装されて、営業していた。石畳の通りは、日々、磨かれているのではないかと思わせるほどなめらかで、周囲の風景を映している。まるで一個の虹色のジオラマのように美しい、美々津の町は。すると、ここに立ち尽くしているわたしは、その中の小さなオブジェでしかないのか。ふとそんなことを考えると、急に、自分のことがちっぽけな存在に思えてきた。

…船出せよ

わたしは、いままでに何度の船出を経験しただろうか。若いころ、どこにも出かけず雨戸をしめて自室にこもり、寝食を忘れて何年も好きな小説を読み耽(ふけ)っていた。あれは船出だったろうか。しかしどこにも橿原宮は見えなかった。あるいは転勤で見知らぬ山陰の地にながくいたこと。あれが船出なのか。ついぞおきよ丸は現れなかった。

…船出せよ

船出のない人生にいったいどんな価値を見出せばいいのか。

いま、海原に漕ぎ出そう。錨をあげて、ちからの限り大声で叫ぶのだ。たとえ1メートル、また1メートルだとしても、船は前へと進んでいくはずだ。たとえ待ち受けるのが難破や遭難だとしても、恐れるな。船出だ。

f:id:ma2no_z32:20211118213344j:plain

わたしは、国道わきにとめていた車のほうに歩いて行った。

不意にうしろから強い風が吹きつけてきて、早足になった。

 

潜伏キリシタンの資料館は、森のなかにひっそりとたたずんでいた

森の奥深くに

「あった!」

薄暗い森のなか、わたしは満面の笑顔で声をあげた。思わず指さした先にある建物が、予想にたがわず、小さくて華奢だったからだ。それはまるで、絵本にでてくる魔法使いの老婆が住んでいる小屋のように、静かにたたずんでいた。ほかには誰もいない土の道を、入り口に向かって歩いていく。波の音が聞こえていた。かすかに、潮の香りが運ばれてくる…。

長崎県平戸市にある「切支丹資料館」は、この地方の潜伏キリシタンの歴史的遺物を展示し、禁教令のもと、いちずにキリスト教の信仰をつらぬこうとした彼等の受難や、その後の信仰の変容過程を紹介している。時の流れのうちに、マリヤ像は着物を着たふくよかな顔のマリヤ観音となり、薄暗い納戸の中にキリシタンの母体を秘蔵し、納戸神としてこれを祭った。わたしはそれらを眺め、ただ立ち尽くしていた。からだが硬直し、動かなくなった。館内は生(せい)への熱烈な希求で充溢していた。こころのよすがをなくしては、ひとは生きていけない。それは、棄教を拒んで死をえらんだ殉教者たちには自明のことだったのであろう。

そんな資料館が駅前の繁華街にあったとしたら、どうだろうか。たしかに入館者は増えるのだろうが、やはりなにかが違うとかんじたはずだ。それがひとりひとりの潜伏キリシタンさながらに、森のなか、ひっそりとたたずんでいた!あまりに「はまり過ぎて」いて、そのとき、思わずわたしは笑顔になったのだ。

f:id:ma2no_z32:20211021182432j:plain

海の道を往く

はじめての長崎行きだった。午前5時過ぎ、ここは長崎市内随一の目抜き通りと思われるが、路面電車の線路が、朝日を受けてぎらぎらと光るのが目立つばかりで、まだ人影は見られない。長崎は観光名所に事欠かないが、どこに行くにしても、時間が早すぎると思われた。気ままにドライブといきますか!わたしはアクセルを強く踏んだ。お団子しっぽの猫が、気持ちよさそうに長々とのびをしていた。

正午前、左手に海をのぞみながら県道10号線をすすんでいくと、「切支丹資料館」と書かれた小さな案内板が目に入った。長崎は著名な観光名所に事欠かない。大浦天主堂、グラバー邸、ハウステンボス稲佐山…。しかし切支丹資料館とはいったい…。わたしは車を降りて森のほうを見た。背後で波の打ち付ける音がした。

長崎はいにしえの昔から、海外との玄関口であった。平戸から朝鮮半島までは200キロ余り。島伝いに海の道を往った古代の人々は、はたしてどんな思いをいだいていたのだろうか。

壱峻島、対馬島社格の高い神社が多くあることは、地元の人以外には、あまり知られていない。壱峻には、月読神社、天手長比売神社などの名神大社をはじめ、式内社24座。対馬には、和多都美神社などの名神大社6座、小社23座で、式内社29座。

小舟には何人が乗り込んでいたのだろう。本人ひとりだけか、あるいは家族全員だったろうか。ときに海流にまかせ、ときには逆らって往く海の道。無事を願い、希望を思い続けたそれはまた祈りの道。

f:id:ma2no_z32:20211111224111j:plain

わたしは資料館を出て、車に乗り込んだ。

平戸。この信仰の十字路に、いまを生きるわたしたちは、いったいどのような想いをかさねていけばいいのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇佐神宮を目前にして、苦笑まみれになったたったひとつの残念な理由

 

車窓から

初めて宇佐神宮に参拝することになったその日、わたしは朝から居住まいをただし、ずいぶんと身構えていたものだ。それはそうだろう。全国4万社あまりある八幡社の総本宮神仏習合発祥の地。(そしてまたお神輿発祥の地でもあるそうだ。)この地もまた、奈良や京都と同様に、日本人の心のふるさとと呼びうるところだろう。

だからこそ、カーナビゲーションが目的地まであと5分と告げた頃、国道10号線の両側にたくさんの星条旗がはためいているのが見えたとき、いったい何が起こっているのかと首をかしげるばかりだった。極めつけは、右のこぶしを高々と突き上げた、身長5メートルはあろうかという巨大なバラク・オバマ氏の上半身が、ビルの3階の窓を突き破り、いまにも大空へ飛び立とうとしているかのようようだったことだ。ねえ、何がそんなに楽しいんだい。彼は上機嫌に笑っていた。あれは、もうどれくらい前のことだったか。ちょうど、オバマ氏が次期合衆国大統領に決定したというニュースが、テレビ画面をにぎわせていた頃だ。「チェインジ!」彼はまっすぐに前を見据えて熱弁をふるっていた。「チェインジ!」それ以降、この国でも政治家たちが、改革、改革と叫ぶようになった。まるで念仏のように。それは力んだ声の免罪符…。

f:id:ma2no_z32:20211111221709j:plain

神宮の杜(もり)

大分県宇佐市、たしかにアルファベット表記ならUSAに違いない。「だからってなあ…」と口をついたかどうかは覚えていないが、苦笑を禁じえなかった。わたしは、もっと厳粛で、もっと信仰一色な町の様子を想像していた。すべての会話、すべての建物、ありとあらゆるものが、ただ祈りにのみ捧げられているとでもいったような。

わたしは神宮の駐車場に車を進め、正面を仰ぎ見た。神宮の杜が起立している。それは一瞥しただけだは視界に収まりきらないほど大きく、圧倒的だった。濃密な緑が密集し、そのはるか奥、高いところにある本殿を厳重に隠していた。わたしは両目を見開いたはずだ。口をあんぐりとあけてもいただろうか。突然、まるで目前に古代の城塞が現れたようだった。八幡神が、ながらく武神として崇められてきた理由の一端を垣間見たような気がした。

怖気づいたのでもなかろうが、わたしは正面ではなく東のほうへとまわって行った。どれほど歩いた頃だっただろうか、小さな本屋が店をあけていた。背の高い本棚にかこまれた通路は狭く、日光をうまく取り込めていない。子供のころ、よく通っていた本屋もやはりこんな風だった。そこはいつも薄暗く、紙のにおいがした。最近では、なにかのテーマパークさながらに、明るい感じの店ばかりになったが、それさえも、今では閉店に追い込まれるところが後を絶たない。出版不況というらしい。「チェンジ!」すべてはそういうことなのだろう。

f:id:ma2no_z32:20211111224111j:plain

一年、また一年と、時の移ろいとともに多くのものが変わっていく。そんななかにあって、いつまでも変わらずにあってほしいと思うものも、またあるものだ。まだやっているのだろうか。あの小さな本屋は。