神武天皇陵、橿原神宮にみる建国神話の可視化過程について

大和三山のひとつ、畝傍山は古来より幾たびもうたによまれ、また祈りの対象ともなってきた。いま、その優美な山容を眺めるとき、思わず静かに手をあわせたくなるのも至極当然のことなのかもしれない。

山麓にひろがる橿原神宮の杜に、初代・神武天皇陵、第二代・綏靖天皇陵、第三代・安寧天皇陵の深い緑がつづいて、そこはさながら広大な神域の様相を呈している。

しかし、横大路をみやこから難波 (なにわ) に向かう古人 (いにしえびと) たちが畝傍山を眺めたとき、いまのわたしたちとはすこし違う印象をもったに違いない。

麓には、未だ木々に囲まれた大きな陵も神宮もなく、そこには田畑がひろがり、いくつもの集落があった。

かまどからは、幾筋の煙が上がっていたことだろうか。

お山は聖なる山であるよりもまず、芝や薪といった民の暮らしに必要な恵みをもたらすところであり、誰しもが自由に立ち入ることができた。

幕末、大和国儒学者・谷 三山は幼少の頃、八木村 (現 橿原市八木町) の生家のあたりから、目前の畝傍山を見てなにを思っただろう。

~目次~

神武天皇陵の治定

神武天皇

いくつもの鳥居のむこうにひろがる、墳丘を覆う木々。皇族方もしばしば訪れる神武天皇陵の荘厳さは格別なものがある。

これよりもはるかに面積の大きい仁徳天皇陵 (大山古墳) でさえ、前方部のまえを通る府道から拝所がよく見渡せて、ずっと近しい印象をうけるものだ。しかし、鬱蒼としげる橿原の杜をぬける幅の広い参拝道 (通常の自動車道なら、いったいなん車線分になるだろう) をえんえんと歩くあいだ、耳に届くのは踏みしめる玉砂利の音ばかり。やがて桜川にかかる小さな石橋をわたると、急に杜がとぎれ、いっきに視界がひろがって目前に大きな鳥居が迫ってくる。すると不可侵で、神聖な、常とは隔絶した圧倒的なものが、このはるか向こうにひろがっているのだという気持ちにさせられる。

しかし、ここは江戸時代末期に神武陵と治定されるまでは、古墳とも知れぬ、田んぼのなかにぽつんと浮かび上がった小さな円丘にすぎなかった。

■治定とは■
陵墓の被葬者を特定すること。
 
幕末、尊王攘夷の機運が高まるなかで、急遽、孝明天皇が攘夷祈願のために神武陵へとお出ましになることが決定される (大和行幸)。
幕府は元禄年間に、それまでながらく所在不明とされていた神武陵を「塚山」の名で知られていた円墳、現在の第二代 綏靖天皇陵、桃花鳥田丘上陵 (つきだのおかのえのみささぎ)と一応は定めていた。
しかしながら、古事記の記述 (御陵在畝火山之北方白檮尾上也) と矛盾することから、これには異論が寄せられることになる。
当時、もっとも有力と見做されたのは「丸山」だった (同じ橿原市内にある奈良県最大の前方後円墳・丸山古墳とは別)。
そこは畝傍山の東北の尾根のうえにあり、古事記の記述とも合致していたが、ここが神武陵とされることはなかった。隣接して総戸数約200戸、1000人にもおよぶ洞村があり、孝明天皇の大和行幸が迫るなか、全員を移転させたうえで、そこを初代天皇の陵にふさわしい体裁に造り変えるのは、時間の制約のなかむずかしいと考えたのかもしれない。
結局、孝明天皇の勅裁によって「丸山」と「塚山」のあいだにひろがる田んぼのなかにある小さな円丘を神武陵とすることとなった。そこが神武田 (じんむでん・じぶでん・じぶた) などと呼ばれていたことも考慮されたのだろう。またそこは別名ミサンザイとも呼ばれており、それが陵 (ミササギ) からの音転を連想させることも後押ししたのかもしれない。
■大和行幸
京の都でおきた政変 (8月18日の政変) をうけて、結局、孝明天皇の大和行幸は取りやめとなった。それによって「皇軍御先鋒」を名乗り大和国五條にまで進軍していた一団は挙兵の根拠をうしなうことになり、40日にもおよぶ天誅組の変がおこった。

 

tabinagara.jp

こうして神武天皇の御陵と見做された神武田は、その後は建国神話の核心を具現化すべく大規模に改修されていく。

神武天皇陵の修陵

『古事類苑 』帝王部十七・山稜上 P974-975 (国立国会図書館デジタルコレクションより)

文久3年5月にはじまり同年12月に終えた修陵 (文久の修陵) において、ミサンザイの円丘は急ごしらえの柵で囲まれ、神武天皇陵が誕生した。

これは新たな陵の築造と呼んでいい。

そしてそのあとも、時代を経るごとに陵は目まぐるしく変貌を続けていく。

まず円丘を大量の盛り土で覆い、そこに石垣をめぐらせて八角墳へとつくりかえられたのち、時代が大正に移ると、こんどはさらに大きな円墳へと姿を変えていった。

文久の修陵■
江戸時代末期の文久年間に、宇都宮藩の建議をうけて幕府がおこなった天皇陵の修復事業。

橿原神宮の創建

橿原神宮

神武天皇陵の南、畝傍山の東南麓に1890年 (明治23年) 4月、神武天皇御鎮座、橿原神宮が創建された。

京都御所から下賜された賢所と神嘉殿を、それぞれ本殿と拝殿とした。

この官幣大社の出現によって、またひとつ、橿原宮祉という神武天皇聖蹟が立ち現れることになった。

こうして参拝の役割を神宮が担うようになると、神武陵のほうは信仰や慰霊とは切り離されていき、いまわたしたちが感じるような厳粛、深淵な印象を強めていくことになる。

そしてこの橿原神宮の創建と、その後における畝傍山を含む神苑拡張、整備の実施は、吉野神宮創建 (1889年・明治22年)、平安神宮創建 (1895年・明治28年)、および宮崎神宮の拡大整備の実施とそれに続く神宮号授与 (1913年・大正2年) などと同時期に並んで進行していくことになる。

おわりに

神武天皇陵参拝道より、遠く拝所をのぞむ

四条ミサンザイ (神武田) が神武天皇陵とされるまでそれと見做されていた現在の綏靖天皇陵は、いまはただ静寂につつまれている。ここに陵のあることに気付いているひとは、地元にもおおくはいないだろう。

新たに神武陵を治定するにさいに、ミサンザイとともに候補にあがった丸山のほうは、さらに忘れ去られている。

いまそこを訪ねても、尾根の上にあったとされている墳丘らしきものを確認することは容易ではない。

大正時代における、丸山に隣接する洞村の全村移転をうけて、あたり一帯は植林され、いまは畝傍山の一部と見紛う景観をみせている。

「わたしたちのご先祖は、神武天皇のお供をして九州からやってまいったんです。神武様が丸山にお隠れになってからは、代々あそこをお守りもうしあげてきたわけです」と、旧村の古老が語り伝える伝承なども、いま急速に失われつつある。

山中にたつ『宮』と彫られた腰の高さほどの5本の石柱で囲まれたあたりが、一応の目安になる。

そしてそこは、現在ではしばしば丸山宮祉と称されている。

丸山宮祉

丸山宮祉

丸山宮祉

橿原という地名は、ながらく失われて所在不明だった。
本居宣長のように、現在の御所市柏原を推する説もあった。
1956年 (昭和31年)、耳成村、畝傍町、鴨公村、八木町今井町、真菅村の6町村が合併し橿原市が発足した。

畝傍山



参考資料・参考書籍

近代における神話的古代の創造 ー畝傍山・神武陵・橿原神宮, 三位一体の神武聖蹟

  京都大学人文科学研究所『人文學報』83巻 P19-38 (2000年3月)

  著 / 高木 博志

 

明治維新と神代三陵 ー廃仏毀釈薩摩藩国家神道

  著 / 窪 壮一朗   刊行 / 法藏館 (2022年6月)